ワシモ(WaShimo)のホームページ
 
旅行記 ・大糸線 − 長野県〜新潟県 2018.05
 おおいとせん
大糸線
特急あずさ3号(E257系)(信濃森上駅、塩島踏切)
大糸線(おおいとせん)は、
長野県松本市の松本駅から新潟県糸魚川市の糸魚川駅に至る
全長105.4kmの鉄道路線(地方交通線)です。
E127系100番台(信濃森上駅、塩島踏切)
松本駅〜南小谷駅間(70.1km)は
東日本旅客鉄道(JR東日本)の管轄で電化されており、南小谷駅〜糸魚川駅間(35.3km)は
非電化区間で西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっています。
特急あずさ3号(E257系)(信濃森上・白馬大池間)
北アルプス(飛騨山脈)の
東側を、大町市以南は高瀬川、その北は日本海
へと注ぐ姫川に沿って走ります。
リゾートビューふるさとHB-E300系(信濃森上・白馬大池間)
南小谷駅までの沿線には、
立山黒部アルペンルート東の玄関口である大町市を控え、
行楽地やスキー場が多く存在します。
大糸線俯瞰(白馬村)
行楽客や白馬岳などへの
登山者の足であると共に、松本市・安曇野市など沿線都市
への通勤・通学路線になっています。
 E127系100番台(信濃森上駅)
また、
広域輸送としては主に中央本線からの
特急列車が直通しています。
キハ120形300番台(南小谷・中土間)
 E257系が特急
『あずさ』として、HB-E300系が臨時快速列車『リゾート
ビューふるさと』として運用されています。
E127系100番台(信濃森上・白馬大池間)
一方、南小谷駅〜糸魚川駅間
で運行される定期列車はすべてワンマン運転による普通列車で、
南小谷駅〜糸魚川駅間を往復しています。
特急あずさ3号(E257系)(信濃森上・白馬大池間)
この南小谷駅以北の非電化区間は、
トンネルやスノーシェッドが続く渓谷沿いの線路を列車は徐行して走り、根知駅を過ぎた付近から
糸魚川市街へ近づくにつれて沿線に住宅が増えていきます。
E127系100番台(信濃森上・白馬大池間)
あなたは累計
人目の訪問者です。
 

Copyright(C) WaShimo All Rights Reserved.