俳句  ・ワシモ(WaShimo)の気ままに俳句   


 
(5月)
        
麗らかや子と覗きゐる万華鏡
 
寡黙なる父の晩酌目刺添ふ
 
再会や桜蘂降る木の驛舎
 
田の神の紙垂新しく花の冷え
 
たらの芽といふ忘れもの終電車
         
(4月)
                    
書き掛けの便箋で折る男雛
 
ミモザ咲く土曜の午後のカレー店
 
霾風に座す千年の磨崖仏
 
隧道の出口入口やま椿
 
薬袋の蝌蚪の紐めく退院日
             
(3月)
             
豆まきや炉ばたの猫の深ねむり
           
節分会土鈴いただく当りくじ
         
門前の閑ある屋台梅三分
         
冴え返る御堂の床の昼灯
         
藩政の切石疏水つくし出づ
        
(2月)
        
落日の東シナ海朱欒の実
        
復興の宙を自在に肥後の独楽
         
初夢は湯葉を頂く二年坂
         
雑炊の膳に乗り来る計算書
         
風呂焚きのひょっとことなり女正月
         
(1月)
                    
石垣のぬくもり日和冬いちご
       
一角に子らの賑ひ暮の市
 
しぐるるや客の絶えたる五家荘
 
二日目の鰤大根と古女房
       
銀ぶらや屋台ですする薩摩汁
             


 
あなたは累計
人目の訪問者です。
- Copyright(C) WaShimo All Rights Reserved. -