コラム  ・蜂と神様   
 
− 蜂と神様 −
今年(2015年)の4月から、非常勤講師として、職業能力開発短期大学校で数学と物理を教えています。大宇宙を支配する『万有引力の法則』と電磁気学の出発点となる『クーロンの法則』の式は同じ形をしています。
 
 
宇宙と原子。原子というミクロの世界の中に、惑星、天体といった宇宙の仕組みが。宇宙を見ることは原子を見ること、原子を見ることは宇宙を見ること。アインシュタインは、両者の根源は同一であるに違いないと洞察し、晩年は、両者を統一する理論の究明に没頭したといわれます。
                  
金子みすゞの童謡詩を思い出します。
 
    『蜂と神さま』
 
         金子みすゞ
 
   蜂はお花のなかに、
   お花はお庭のなかに、
 
   お庭は土塀(どべい)のなかに、
   土塀は町のなかに、
 
   町は日本のなかに、
   日本は世界のなかに、
   世界は神さまのなかに。
 
   さうして、さうして、神さまは、
   小ちやな蜂のなかに。
 
     出典:『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より。
 
金子みすゞ(明治36年(1903年)〜昭和5年(1930年))。山口県長門市仙崎生まれ。20歳のころ下関に移り住み童謡を書き始め、雑誌『童謡』などに投稿。西条八十から『若き童謡詩人の中の巨星』と激賞され、一躍当時の童謡詩人たちの羨望の的となりますが、26歳の若さで自らの命を絶ちました。
 
 ・金子みすゞ
   → http://washimo-web.jp/Trip/misuzu/works/misuzu-works.htm
 

  2015.06.10
あなたは累計
人目の訪問者です。
 − Copyright(C) WaShimo All Rights Reserved. −